幸せを感じる通勤時間は

「20分」です。

これはスイスの研究者アロイス・スタッツァー氏とブルーノ・フライ氏の研究結果だそうです。

果たして彼らが日本の通勤時間・通勤環境を見たら何と言うのでしょうか。

通勤時間を有意義に過ごされてる方もいらっしゃると思います。

研究室についたら、ほとんどの時間が面会と電話対応になってしまうと、

新幹線で遠くから通勤してる大学教授がテレビで紹介されていました。

教授は研究を通勤時間に行っているそうです。

しかしながら、通勤時間が短くなることで得られる時間はたいていの人に

幸せをもたらしてくれそうです。

通勤環境を変えてみようかとお考えなら、プルメリアのドアをノックしてみて下さい。