固定資産税にも間違いがあるの?

今年は三年に一度の「固定資産税評価替え」の年にあたります。

また、評価額についての不服の申立もこの評価替えの年に行えるようです。

固定資産税を払っている方の手元にはすでに「固定資産税・都市計画税納税通知書」が届いていると思いますが、金額が変わっているのではないでしょうか。

最新の横浜市の固定資産税路線価は横浜市が提供している「横浜市行政地図情報提供システム」で確認できます。

当社前の路線価は上昇していました。

土地の固定資産税に関しては、この固定資産税路線価が基準となりますが、建物に関しては個別の調査を行っているそうです。

横浜市では3年ごとに航空写真を撮影し、全ての家屋について新築・増改築・取り壊しの把握をしており、現況と不一致の見受けられる家屋については内部調査を行う場合もあるそうです。

とはいえ、人のすること。間違いもあるようですので、自分で支払っている固定資産税の内容の確認は大切な作業です。

お客様の体験談で、取壊し済みの家屋の固定資産税を高齢の親後さんが支払っていたことがあったそうです。

そういえば、横浜港の「氷川丸」、海底に固定されていると聞きました。そこで、市の方に伺ってみると「固定されているなら、固定資産税がかかっている可能性がある」とのご返答。

世田谷区の「サザエさん」の銅像に固定資産税が課税されたというニュースもありましたね。駅中の店舗への固定資産税課税見直しの話題も興味をそそられます。