あんしん賃貸

あんしん賃貸住宅協力店とは

国土交通省と地方公共団体が推進する「あんしん賃貸支援事業」に賛同し、あんしん賃貸住宅の登録・仲介等を通じて、高齢者・障害者・外国人・子育て世帯の入居をサポートするお店です。

プルメリア・コンサルティング・コーポレーションは「あんしん賃貸住宅協力店」です。

あんしん賃貸支援事業

あんしん賃貸支援事業とは

高齢化、国際化の進展等にともない、民間賃貸住宅市場における高齢者、障害者、外国人、子育て世帯等の居住ニーズの重要性が高まってきている一方、トラブルの忌避等を理由に入居を制限する民間賃貸住宅も依然として数多く存在しています。

あんしん賃貸支援事業は、民間賃貸住宅ストックを有効に活用して、重層的かつ柔軟な住宅セーフティネットを構築することを目的としています。

あんしん賃貸支援事業による、居住支援例
地域により支援メニューは異なります。詳細はこちらをご覧ください。)

入居前 契約手続きの立会 賃貸借契約の立会及び介添えを行い、トラブルを未然に防止する。
通訳派遣

言葉や生活習慣の違いによる居住ルールをめぐるトラブルを未然に防止する。

複雑な市場慣行(一時金の性格など)を事前にきちんと理解してもらうことにより、退去時等のトラブルを未然に防止する。

生活ルール等の説明
市場慣行についての説明
入居後 電話相談 借主、貸主のいずれかが困っている時に、電話での相談に応じ解決を図る。
また借主の生活相談など不安を取り除く等の効果がある。
トラブル等の際の対応

トラブルが生じた際に、対応の手助けをして迅速かつ穏便な解決を図る。

見守り・医療機関との連絡等 電話等による安否確認や、服薬に係る相談対応などを行うとともに、必要に応じて医療機関に連絡等を行い、事故等を未然に防止する。
緊急時の対応 入居者が事故、死亡に至った際の関係行政機関、連帯保証人、緊急連絡先等への連絡、相談等をサポートする。 

神奈川県のあんしん賃貸住宅の検索はこちらから